コンパイラ方式でのプログラム実行手順

  1. コンパイラ:ソースコード→目的プログラム
  2. リンカ:目的プログラム→実行可能ファイル
  3. ローダ:主記憶に読み込み
  4. 実行可能

コンパイラの仕事

プログラム言語で書かれたソースコードを翻訳して機械語のプログラムファイルにすること

  1. 字句解析:ソースコードに書かれているプログラムコードを字句(トークン)単位に分解する
  2. 構文解析:分解したトークンをプログラム言語の構文規則に従って解析
  3. 意味解析:変数の型や分がプログラム言語の仕様に沿っているかチェックする
  4. 最適化:処理効率の向上を目的としてより良いプログラムコードの再編成を検討する
  5. コード生成:目的プログラムを生成する

リンカの仕事

モジュールをつなぎ合わせる作業をリンク(連係編集)と呼ぶ。これがリンカ(連係編集プログラム)の仕事

  • 静的リンキング:モジュールをあらかじめリンクしておく手法
  • 動的リンキング:実行時に共有ライブラリやシステムライブラリをロードしてリンクする手法

ローダの仕事

ロードモジュールを主記憶装置に読み込ませる作業をロードと呼ぶ。これを担当するプログラムがローダ

タイトルとURLをコピーしました