システム開発をする流れ

大きな流れ

ソフトウェアライフライクル

  1. 企画プロセス
  2. 要件定義プロセス
  3. 開発プロセス
  4. 運用プロセス
  5. 保守プロセス
システム開発の調達
  1. 情報提供依頼 … 情報提供依頼書をシステムベンダに渡し、最新の導入事例の提供を依頼する
  2. 提案依頼書の作成と提出 … 提案依頼書の作成しシステムベンダに提出
  3. 提案書の受け取り … システムベンダは具体的な内容を提案書にまとめて発注側に渡す
  4. 見積書の受け取り … 提案内容でOKなら開発や運用、保守にかかる費用を見積書にまとめる
  5. システムベンダの選定 … 提案内容や見積内容を確認して、発注するシステムベンダを決定
開発の大まかな流れ
  1. 基本計画(要件定義)
  2. システム設計
    1. 外部設計
    2. 内部設計
    3. プログラム設計
  3. プログラミング
  4. テスト
    1. 単体テスト
    2. 結合テスト
    3. システムテスト
    4. 運用テスト
  5. 導入・運用

対になる組み合わせ

流れの中には左と右で対になっているパートがある

基本計画(要件定義) 運用テスト
外部設計 システムテスト
内部設計 結合テスト
プログラム設計 単体テスト

各流れの内容

基本計画(要件定義)

利用者が求めることを確認して必要な機能、性能などをまとめていく段階。その打ち合わせの内容をまとめたものを要件定義書と呼ぶ

機能要件と非機能要件

ヒアリングによって利用者から得られる要件事項は主に業務機能を担う部分。これを機能要件と言う。

例)受発注処理、在庫管理、出庫処理、入金確認 など

これらの機能要件以外の、たとえばシステム基盤側の要件が非機能要件にあたる。

非機能要求グレードの6大項目
大項目 説明 要求例
可用性 システムサービスを継続的に利用可能とするための要求
  • 運用スケジュール
  • 障害、災害時における稼働目標
性能・拡張性 システムの性能、および将来のシステム拡張に関する要求
  • 業務量および今後の増加見積
  • システム化対象業務の特性
運用・保守性 システムの運用と保守のサービスに関する要求
  • 運用中に求められるシステム稼働レベル
  • 問題発生時の対応レベル
移行性 現行システム資産の意向に関する要求
  • 新システムへの移行期間及び移行方法
  • 移行対象資産の種類及び移行量
セキュリティ 情報システムの安全性の確保に関する要求
  • 利用制限
  • 不正アクセスの防止
システム環境・エコロジー システムの設置環境やエコロジーに関する要求
  • 耐震、免震、重量、空間、温度、湿度などシステム環境に関する事項
  • CO2排出量や消費エネルギーなど、エコロジーに関する事項

システム設計

要件定義の内容を具体的なシステム仕様に落とし込む

外部設計

利用者から見た部分の設計を行う。

内部設計

開発者から見た部分の設計を行う。外部設計を実現するための実装方法や物理データ設計などを行う。

プログラム設計

プログラムを「どう作るか」という視点の設計を行う。プログラムの構造化設計やモジュール同士のインターフェース仕様など。

プログラミング

プログラム言語を使って、命令一つ一つを記述して行く工程。

テスト

作成したプログラムにミスがないかを検証する。

  • 単体テスト:モジュールレベルの動作確認
  • 結合テスト:モジュールを結合させた状態での動作確認
  • システムテスト:システム全体を稼働させての動作確認
  • 運用テスト:実際の運用と同じ条件下で動作確認
タイトルとURLをコピーしました