ディスプレイ

出力装置の1つ。コンピューターからの出力を画面上に映し出す。

解像度と色

  • 解像度:ディスプレイが表示する決めこまさかのこと
  • 色の表現:1ドットごとにRGB3色の光を重ねて色を表現する

VRAM

画面に表示させる内容をVRAM(ビデオRAM)という専用のメモリに保持する。そのため、VRAMの容量によって扱うことができる解像度と色数が決まる

容量の計算方法

1024×768ドットの表示能力のディスプレイで65,536色を表示させたい時に必要なVRAMの容量

1,024×768×16ビット(65,536色)=12,582,912ビット÷8ビット=1,572,864バイト=約1.6mバイト

ディスプレイの種類と特徴

CRTディスプレイ ブラウン管を使ったディスプレイ。奥行きがあるので設置場所を多くとり、消費電力も大きい。
液晶ディスプレイ 電圧によって液晶を制御し、バックライトもしくは外部からの光を取り込むことで表示する仕組みのディスプレイ。薄型で消費電力が小さく、現在の主流。
有機ELディスプレイ 有機化合物に電圧を加えることで発行する仕組みを利用したディスプレイ。液晶と違って、自らが発行するためバックライトが不要でより省電力
プラズマディスプレイ プラズマ放電による発行を利用するディスプレイ
タイトルとURLをコピーしました