ネットワークを構成する装置

OSI基本参照モデル
第7層 アプリケーション層 ゲートウェイ
第6層 プレゼンテーション層 ゲートウェイ
第5層 セッション層 ゲートウェイ
第4層 トランスポート層 ゲートウェイ
第3層 ネットワーク層 ルータ
第2層 データリンク層 ブリッジ
第1層 物理層 LANケーブル、NIC、リピータ

NIC

コンピューターをネットワークに接続するための拡張カード。LANボードとも呼ばれる。

製造段階でMACアドレスという番号が割り振られている。IEEEによって管理される製造メーカー番号と自社製品に割り振る製造番号との組み合わせで出来ており、世界中で重複しない一意の番号である

リピータ

物理層の中継機能を提供する装置。ケーブルを流れる電気信号を増幅してLANの総延長距離を延ばす

セグメント:無条件にデータが流される範囲

ブリッジ

データリンク層の中継機能を提供する装置。セグメント間の中継役として、流れてきたパケットのMACアドレス情報を確認、必要であれば他方のセグメントとパケットを流す。

ハブ

LANケーブルの接続口を複数持つ集線装置

  • リピーターハブ:パケットが流れてくると無条件にすべてのポートへ送出する
  • スイッチングハブ:パケットが流れてくると宛先MACアドレスに該当するコンピューターが繋がっているポートだけに送出する

ルータ

ネットワーク層(第3層)の中継機能を提供する装置。異なるネットワーク同士の中継役として流れてきたパケットのIPアドレス情報を確認した後に、最適な経路へとパケットを転送する。

パケットに書かれた宛先IPアドレスと、自身が持つ経路表(ルーティングテーブル)とを付き合わせて最適な転送先を選ぶ。このことを経路選択と呼ぶ。

ゲートウェイ

トランスポート層(第4層)以上が異なるネットワーク間で、プロトコル変換による中継機能を提供する装置。ネットワーク双方で使っているプロトコルの際をこの装置が変換、吸収することでお互いの接続を可能とする。

SDN

ネットワークの制御機能をソフトウェア化して分離させ、柔軟なネットワーク構成を可能とする技術の総称をSDNと呼ぶ。

 

タイトルとURLをコピーしました