自分の人生を生きるために自分のベネフィットのある行動を増やす

自分のための人生を生きるキッカケを作るには、ベネフィットを意識した行動を意図的に増やすことが関係しているのかもしれない。

※記事は適時加筆修正しています
※書いてる人については記事末尾にあります

ベネフィットのある行動を増やすということ

思ったこと

  • 自分のベネフィットを意識している行動をどうすれば増やせるのかを考える

どういうことか

自分の行動はどういうベネフィットに繋がっているのか。これを明確に意識できていない行動が多ければ多いほど、一日の中に満足感や達成感、ワクワク感を感じる時間が少ないのではないか?

ベネフィットを意識していない行動が多いほど、行動が目的化し、行動に支配されている。自分がしたい行動ではなく、誰かに押し付けられた行動を淡々とこなしているだけと言える。

つまり・・・

仕事をしている理由はお金のためだとして、お金を得て何をしたいのか。

そこに自分がワクワクしたものがないなら、お金を得るために仕事をしているが、ただそれだけになってしまう。

中にはその仕事が好きで仕方がないと言う人もいる。こういう人は仕事をする意味や意義、目的があり、その行動を通してワクワクしたり充足感を得ている。

行動が同じでも、目的の有無、ベネフィットの有無で得られる量が変わる。

今つまらないと思っているのなら、それはベネフィットのない行動が一日の過半を支配しているからではないか?

タイトルとURLをコピーしました