水曜日のダウンタウンのフードデリバリーを頼むと、高確率で芸人が来る説を見てフードデリバリー配達員が思う事

水曜日のダウンタウンでフードデリバリーに関する説の検証をやっていた。

その節は「中野界隈でフードデリバリーを頼むと、高確率で芸人が来る説」というもの。

同じフードデリバリーの配達員として、とても興味深く拝見した。

で、思ったのは「結構、本業さんが多いんやな」ってこと。思っている以上に本業が多くて、そちらが妙に記憶に残った。

※記事は適時加筆修正しています
※書いてる人については記事末尾にあります

水曜日のダウンタウン

芸人さんがフードデリバリー配達員をやっていることが多いというのは良く見聞きしていたし、大阪も負けず劣らずで芸人さんが多い都市なので、配達員の芸人率の高さはなんとなくは理解している。

でも、高確率で芸人が来るってことはないだろうな…と思っていたら、やっぱりそれほど高確率ではなかったし、なんなら、イメージより少ない印象。

で、同時に思ったのが本業の多さ。

ほぼすべてが本業?と疑うレベル

番組の映像を見ている限りではあるけど、8割ぐらいの確率で本業としている配達員に遭遇している印象。

途中で「コンサルしてます!IT系の」と言っている人が居たが、多分あれはそういう建前にしなきゃ現状を受け容れられないタイプか、配達員としての稼ぎ方といういかにも怪しげなものをネットで販売している類の人。

ITコンサルで儲かっているなら配達員をやる理由がないし、ITで食えない人がやるコンサルなんかあてにならない。

どっちにしろ実質本業だけど副業だと思いたい面倒なタイプだと思うので、ほぼほぼ本業が配達に来ていた印象。

 

多分、ロケが平日の午前中からロケだったこともあるのだと思う。
その時間から配達をしているのはむしろ本業だけと割り切るのが自然なんじゃないかな?と。

東京は本業が集まりやすいエリア

加えると、東京という場所柄もあると思う。

フードデリバリー、特にウーバーイーツという仕事は東京がとにかく稼げる。脳死で稼働できる体力お化けなら余裕で月に100万円を安定的に稼げる。

体力がある人ならサラリーマンとして稼ぐよりも、配達員として稼げるほうが実入りが良い。2年か3年死ぬ気で稼ぎ、稼いだ金の大半をNISAなどでインデックスファンドを買えば、ある程度毎月のリターンが得られる状態になる。

そんな夢がある場所なので、本業をするなら東京へという人も少なくない。

結果、東京には本業の配達員が多くなっていると見るのが界隈を観察していて思う事で、水ダウの検証を見て、それは自分の想像を超えるレベルでそういう状態になっているんだなと感じた。

なので・・・

テレビを見ていて思ったのは、「芸人が配達に来ないな・・・」より「本業が多すぎだな・・・」ということ。目の座った本物の配達員がゴロゴロいる印象。

将来的にはどうなるのかわからないぞとは何年も言われているけど、確かに今のところは東京でフードデリバリー配達員をやるのは稼ぎやすいので、そういう人が東京に集結していても不思議じゃない。

本業をやるなら東京に行くべきよな…なんてことを思った水ダウのフードデリバリー配達員の説検証回だった。

タイトルとURLをコピーしました