電子商取引

EC:ネットワークなどを用いた電子的な商取引のことを呼ぶ

取引の形態

形態 説明
B to B 企業間の取引を示す
B to C 企業と個人の取引を示す
C to C 個人間の取引を示す
B to E 企業と社員の取引を示す
G to B 政府や自治体と企業間の取引を示す
G to C 政府や自治体と個人間の取引を示す

EDI

ECにおいて円滑に取引を行うために、交換されるデータ形式の統一化と機密保持が欠かせない。そこで出てくるのがEDI

EDIでは次の4回層がさだめられている

情報伝達規約 第1レベル コンピューター間の通信手順に関わる取り決め
情報表現規約 第2レベル 交換するデータを双方のコンピューターが理解するために必要な、データ記述方法に関わる取り決めう
業務運用規約 第3レベル EDIの運用方法に関わる取り決め
取引基本規約 第4レベル EDIを用いた取引に関わる基本的な契約

耐タンパ性

ハードウェアなどに対して、外部から不正に行われる内部データの改ざんや解読、取り出しなどがされづらくなっている性質を言う

ロングテール

商品の売り上げは、売れ筋商品上位20%が売り上げの80%を占めている。これをパレートの法則と言う。しかし、ECでは陳列に物理的制限がほぼないため、商品数を増やすことができる。

あまり売り上げに貢献しないと思われていた下位の商品も十分に売り上げに貢献するということを指す言葉。

シェアリングエコノミー

インターネットを介して、個人が保有する遊休資産の貸し借りなどを仲介するサービスの事

タイトルとURLをコピーしました