QC7つ道具と呼ばれる品質管理手法

層別

データを属性ごとに分けることで特徴をつかみやすくするという考え方。

パレート図

件数の多い順に棒グラフで並べ、その累積値を折れ線グラフにして重ね合わせることで重要な項目を把握する図

散布図

相関関係を調べたい2つの項目を対としてグラフ上にプロットしていき、その点のばらつき具合によって両者の相関関係を判断する手法

縦軸A、横軸Bとして、右肩上がりの分布は正の相関、右肩下がりの分布は負の相関、ランダムは相関無し

ヒストグラム

収集したデータをいくつかの区間に分け、その区間ごとのデータ個数を棒グラフとして描くことで品質のばらつきなどを捉える手法

管理図

時系列的に発生するデータのばらつきを折れ線グラフであらわし、上限と下限を設定して異常の発見に用いる手法

特性要因図

原因と結果の関連を魚の骨のような形状として体系的にまとめ、結果に対してどのような原因が関連してるかを明確にする手法

チェックシート

あらかじめ確認すべき項目を列挙しておいたシートを使って確認結果を記入していく手法

連関図法

複雑な要因が絡み合う事象について、その事象間の因果関係を明らかにする手法

タイトルとURLをコピーしました