LANとWAN

  • LAN … 局地的な狭い範囲のネットワーク
  • WAN … LAN同志をつなぐ広域ネットワーク

WANの通信技術

  • 回線交換方式 … 送信元から送信先に至るまでの経路を交換機がつなぎ、通信路として固定する
  • パケット交換方式 …パケット単位に分割された通信データを、交換機が適切な回線へと送り出して通信路を形成する

LANの通信技術

  • スター型 … ハブを中心として、放射状に各コンピューターを接続する形態
  • バス型 … 一本の基幹となるケーブルに各コンピューターを接続する形態
  • リング型 … リング状に各コンピューターを接続する形態

LANの規格

イーサネット … LANの規格として現在もっとも普及している規格。IEEEによって標準化されており、接続形態や伝送速度で次のような規格に分かれている。

バス型
規格名称 伝送速度 伝送距離 伝送媒体
10BASE5 10Mbps 最大500m 同軸ケーブル
10BASE2 10Mbps 最大185m 同軸ケーブル
スター型
規格名称 伝送速度 伝送距離 伝送媒体
10BASE-T 10Mbps 最大100m ツイストペアケーブル
100BASE-TX 10Mbps 最大100m ツイストペアケーブル
1000BASE-T 1Gbps 最大100m ツイストペアケーブル

アクセス制御方式

  • CSMA/CD方式 … ネットワーク上の通信状況を監視して、他に送信を行っているものがいない場合に限ってデータ送信を開始する
  • トークンバッシング方式 … リング型LANの代表格であるトークンリングでは、アクセス制御にトークンバッシング方式を用いる

無線LAN

ケーブルを必要とせず、電波などを使って無線で通信を行うLAN

無線LANの規格

名称 周波数 最大通信速度 アンテナ数
IEEE 802.11 2.4GHz 2Mbps 1本
IEEE 802.11 b 2.4GHz 11Mbps 1本
IEEE 802.11 a 5GHz 54Mbps 1本
IEEE 802.11 g 2.4GHz 54Mbps 1本
IEEE 802.11 n 2.4GHz/5GHz 600Mbps 4本
IEEE 802.11 ac 5GHz 6.9Gbps 8本
IEEE 802.11 ax 2.4GHz/5GHz 6.9Gbps 8本
通信方式
  • インフラストラクチャ通信モード … アクセスポイントを介して通信を行うモード
  • アドホック通信モード … アクセスポイントを介さず、機器同士で直接通信を行うモード
暗号化方式
暗号化方式 暗号化鍵の鍵長 説明
WEP 64/128ビット wifiの暗号化規格として最初に採用された方式。暗号化が脆弱なため現在は利用非推奨となっている。
WPA TKIP 128ビット WEPのセキュリティ面を向上させた規格。脆弱性が残されているので利用非推奨。
AES 128/196/256ビット 上記に同じ
WPA2 TKIP 128ビット WPAを改良した規格。現在の主流。
AES 128/196/256ビット 上記に同じ
WPA3 AES 128/196/256ビット WPA2で発見された脆弱性を解消した規格

無線LANにつける名前

SSID … 無線LANは固有の名前を持ち、これをSSIDと言う。

アクセスポイントを置く場合はアクセスポイントにSSIDを設定し、機器同士が直接通信を行うモードではすべての聞きに同一のSSEDを設定して使う。

他の機能
  • SSIDステルス … SSIDを隠蔽することで不正利用されるリスクを減少する方法
タイトルとURLをコピーしました