フードデリバリー配達員の読書ブログ

フードデリバリー配達員が仕事の合間に読んだ本のこと

自由度の高い人生を手に入れるための本「人生攻略ロードマップ」の要約・感想

自由度の高い人生を手に入れる。 特に”経済的自由を手にした人生”を歩むにはどうすればいいのだろうか?

もっと簡単に言えば、お金に困らない人生を送るにはどうすればいいのか。

その答えは一つではなく複数あるとは思います。

その複数ある答えの中の1つとして、株式会社スキルハックス代表取締役の迫佑樹さんが書かれた「人生攻略ロードマップ」があります。

この本に書かれている内容は王道かつ正論です。

  • 個人の力で稼ぐ力を高める

それがあなたを自由にしてくれます。 なぜなら、あなたを不自由にしているのは”労働に多くの時間を費やさなければいけない”という足枷だからです。

では、どうすればいいのか。

そのプロセスがまとめられている一冊なのですが、とてもわかりやすくまとめられていましたので、その内容について取り上げてみました。

人生の自由を得るための誤解

経済的自由を得たいと多くの人が思っています。

でも、どこかで誤解をし、次のような間違った価値観を抱え込んでいるがゆえに、自由度の低い人生にとどまってしまっている可能性があります。

汗水を垂らしてお金を稼ぐもの

汗水を垂らしてお金を稼ぐもの。

この考え方が正しいのですが、この考え方が強くなりすぎて、汗水を垂らさないお金の稼ぎ方は邪道だ!となっていることがよくあります。

言い方を変えると、苦労して辛い思いをしながらじゃなければお金を得られないという考え方です。

この考え方が定着してしまうと、お金を稼ぐことが辛いことだという想いに繋がってきます。 辛い思いをしたい人は居ませんから、お金を稼ぐことを最低限にしたい=あまり稼げないという結果に繋がってきます。

安定した職業につくのが正義

大企業や公務員などの安定した職業に就くことができれば人生は勝ったも同然!という価値観も、人生の幅を狭めています。

事実、大企業が倒産するケースは珍しくありませんし、公務員になると職の安定は保証されていても、収入は年功序列ですから経済的自由を得られるほどの稼ぎもありません。

現実は、大企業も公務員も経済的不安をぬぐい切るだけのインパクトはありません。

もちろん、中小企業も同様のリスクやデメリットはありますが、要するに、経済的不安を雇用によって拭い去ることはできないのです。

やりたいことを見つけるのが大切

やりたいことを仕事にしよう!という意見を多く見かけます。

やりたいことを仕事にして大成功を収めた方などがそう言うと、一定の真理のような印象を受けるかもしれませんが、やりたいことを見つけなければダメなのかというとそうでもありません。

やりたいことはやれることを広げた後に見つかるものです。

やれることが少ないうちはその中からやりたいことを見つけられないのはある意味では当然で、やれることが少ないのにやりたいことを見つけられる人のほうが幸運で希少です。

やれることが少ないうちは、やりたいことを探しても見つからないのが普通ですから、まずはやれることを増やすことに特化することが、結果的にやりたいことを仕事にする未来に繋がります。

人生を自由にするための考え方

人生の自由を得るためには、不自由にしている理由を拭い去ることが大切です。

では何があなたを不自由にしているのかというと、先ほど挙げたような誤解を棄てて、経済的自由を得るための次のような価値観をすすんで取り入れることが大切なようです。

まず経済的不安を失くす

生きるためにお金が必要で、お金は労働によって得られるものであることは確かです。 しかし、それによって自由にできる時間を奪われますし、お金がなければできること=選択肢をグンと狭めることにもなります。

だから、まずは経済的不安を失くすためのロードマップを描いて、経済的不安を失くすために時間を使うことを優先することが、自由な人生を得るために取り入れるべき価値観となってきます。

自らのスキルで安定を作る

経済的不安を失くすためには雇用されることが最優先と考える社会に生きています。

それも決して間違いではありませんが、雇用が経済的不安を完全に消し去ってくれるのかというと、そういうわけでもありません。雇用された先が倒産することもあれば、業績が芳しくなくて給与が低空飛行することもあります。

だから、雇用で経済的安定を得ようとするのではなくて、自分のスキルによって自分で稼ぐことを考える。ニーズがあるスキルを身に付けて、それで稼ぐことに生き方を切り替えることが重要です。

やれることを増やす→やりたいことが見つかる

やりたいことを仕事にしたいという考え方を一度保留にしてしまうことも大切です。

理由は上記で述べていることと重複する部分がありますが、スキルで稼ぐとなると、それが好きなことであるかどうかは二の次になってくるからです。

社会に必要とされるスキルを身に付けて、それで稼ぐ。 経済的不安を失くすことを第一目標に置いているのですから、まずはそこを優先することが大切です。

できる事を増やしていくことで、これは自分に合う、楽しいと思うものが出て来た時に、それを続けて見るという流れがとても大切です。

稼げるスキルの中にやりたいことが見つかったのでそれに特化するというプロセスを踏まないと、やりたいことはしているが稼げずに経済的不安を拭うことができない…というじり貧になることもあります。

自由度の高い人生を手に入れるためのプロセス

自由度の高い人生を手に入れるためには、まずは経済的不安を拭うための行動を重ねましょうというのが、「人生攻略ロードマップ」で書かれているメインテーマです。

では、どのような流れで進んでいけばいいのか。 それは次の10段階で進むことによって実現できるとされています。

その10ステップと要点だけを解説させていただきます。

人生攻略ロードマップの10ステップ

  • ステップ1 自分の必要収入を洗い出す
  • ステップ2 ゼロイチで稼ぐ経験を詰む
  • ステップ3 ベーススキルを高める
  • ステップ4 獲得したベーススキルを収益化する
  • ステップ5 SNSでライトな発信をする
  • ステップ6 ブログやyoutubeでヘビーな発信をする
  • ステップ7 一部作業を外注化して仕事量を減らす
  • ステップ8 自分の仕事をゼロにして事業を自動化する
  • ステップ9 事業を分散する
  • ステップ10 余剰資金を資産運用する

まず生きるために必要な経費を明らかにする

まず生きるために必要な経費を明らかにすることが第一歩です。 どれだけ欲しい?ではなく、どれだけ必要か?です。

それを自力で稼ぐことが第一段階の目標となるためです。

スキルを身に付けて必要な経費を稼ぐ

必要なだけの経費を稼げるスキルを身に付けます。

そのスキルで実際に稼げるようになると、次のスキルアップのために時間とお金を投下して、新しいスキルを身に付けます。

自動化から事業化、そして自由になる

業務の中で外注に任せることができる部分は外注に出してしまい、業務を一部自動化してしまう。 その自動化できる箇所を増やしていき、事業化してしまう。

そうなると自分がいなくても仕事が回り、収入を得られる状態を作れていますので、経済的不安を拭い、自由な時間を味わえるようになっています。

まとめ

人生攻略ロードマップ」では、自由な人生を手に入れるためには、不自由の主な原因になっている経済的不安をまず解決しましょうという考え方をされています。

雇用によって経済的不安を拭うのではなくて、スキルによって拭いましょうよ。 そうすれば自分の力で稼ぐことはできるし、どのような状況になっても食いっぱぐれることもありませんよ。

そういう考え方です。

その道のりは裏技的なものでも何でもなく王道かつ硬派なものです。

スキルを身に付けて稼ぎ、またスキルを身に付けて・・・をグルグルと繰り返していくことで自身の価値をたかめ、それによって仕事を獲得していく。

次はその獲得した仕事を誰かに任せていき、経済的自由を手に入れて、自由な人生を手に入れましょうということです。

 

一言で言えば、自分に投資して、自分の価値を高めていきましょう!って事なのですが、それが結果的に本当にあなたを自由にしてくれるんだよってことを教えてくれている一冊です。

そのプロセスの具体的なアドバイスやアイデアは、是非本をお読みになって身に付けていただければと思います。

古くから芸は身を助くと言いますが、現代も未来もそれは真理のようですね。