フードデリバリー配達員の読書ブログ

フードデリバリー配達員が仕事の合間に読んだ本のこと

伝わる文章の書き方本「大事なことを一瞬で説明できる本」の要約・感想

伝わる文章を書く

これが大切だとはわかっていながらも、これが出来ていない人が多い。

だから、伝わらない文章を書いたりや伝わらない説明をしている人を一人でも減らしたいということで書かれている本「大事なことを一瞬で説明できる本」、なるほど…と思う部分が多くありました。

著者は朝の情報番組でコメンテーターなどもされていましたが、その中でも、この本に書かれている理論がとても役に立っているとのことでした。

つまり、実践済みかつ活きたノウハウってことですね。

 

しかも、しっかりと覚えておくべき事は1つの型と3つの”聞く理由”です。

文章が伝わりにくい…と言われることが多い方にはマスターして損はないと内容だと思います。

 

このノウハウを知り、実践することによって、例えば、忙しい取引先や上司に当たる方が立ち止まって話を聞いてくれるようになり、しかも、シッカリとあなたの伝えたい事が伝わりますので、提案や要望が前進するかもしれません。

なぜ伝えたい事が伝わらないのか

必死に伝えたい事、伝えようとしている事がイマイチ伝わらないのはなぜなのか。

もっと具体的に説明すべきなのか・・・
もっと迫力を持って話すべきなのでは・・・?

そういう事を思われるかもしれませんが、伝わらない理由は次の3つに集約されるそうです。

自分が関係しているのかがわからない

自分とその内容がどう関係しているのかがわからない!というのが1つ目の理由です。

最後まで聞けばわかるよ!となるかもしれませんが、忙しい中、いつまでかかるのか分からない話を延々と聞いてなんかられないし、結果、自分には関係ない話だったとなった時に時間を返せ!となります。

あなたにもありませんか?
「それ、何の話?いつまで続くの?なぜ自分に話してるの?」と思うような話を聞かされた経験が。

自分と関係しているのかわからない話だから耳を貸さないというのが理由の1つとしてあります。

伝えようとしていることがわからない

伝えようとしていることの要点を得ないので、何の話を聞いていて、結局何を伝えたいのかがわからないというのが2点目です。

いわゆる「で?結論は?」みたいな状態ってことですね。

丁寧に話そうとするばかりに、あれもこれも大切であるかのように伝えていたり、つまり何が言いたいのかを自分でも分かってなかったり。

そういう話は聞いてられないってのが2点目です。

伝えたい内容が分からない

伝えたい内容が分からないというのが3点目です。

例えば、専門用語が羅列されていたり、カタカナ言葉が頻発していたり。

何かを伝えようとしているけど、言葉1つ1つの意味がわからないので、全体がわからない。

だから聞く気になれない・・というものです。

伝える相手に分かりやすいように表現する工夫がなければ伝えようとしても伝わりません。

伝わる文章にするための1つの型と3つの理由

伝わらない理由が明確になれば、半分解決したも同然です。
伝わらない理由を解消された伝えたかをすれば、今よりも相手に伝わりやすくなります。

そこでカギを握るのが「1つの型」と「3つの理由」です。

話を聞く3つの理由

話を聞いてもらうためには、話を聞いてもらえない3つの理由を解消することが重要で、それは次の3つを意識することを意味しています。

  • 自分がどう関係しているのかがわかる
  • 話が整理されていて理解しやすい
  • 難しい言葉が使われず、かみ砕かれている

この3つが成立していれば聞いてもらいやすい話になりますし、うち2つは型によって解消できます。

分かりやすく伝えるための型「TMPREP(テンプレップ)」

話を分かりやすく伝えるための型として「PREP法」というものがあります。

これを応用した”TMPREP(テンプレップ)法”を著者は提唱されていて、それは次のようなものです。

  • テーマ
  • 結論と要点の数
  • その結論が正しい理由
  • 具体例
  • 要点や結論

この5つによって構成された型を使うことで話す内容はグンとわかりやすくなるとされています。

この記事も実は”TMPREP(テンプレップ)法”をやんわり意識しています

実は、この記事自身も”TMPREP(テンプレップ)法”を意識しています。

冒頭でテーマを掲げ、結論として1つの型と3つの理由を意識しましょうと書いていますし、その理由としてベネフィットを述べています。

そして、続く記事本文で、その結論に関する説明をしています。

多分わかりやすく伝わっているとはずです。(そうであってほしい・・・)

そして、この記事そのものが具体例の役割も担っていることになります。

伝わる文章が書けるようになると

伝わる文章を書けるようになればなるほど、”伝える”ということのメリットは広がっていきます。

的確なコメントができるようになる

型で文章を書くようになると適格なコメントができるようになるとも著者は書かれています。

全ての相手、全ての場面でTMPREP(テンプレップ)型のまんまで話せるわけではありません。

時間がない場面で発言をしなければいけない時もあります。

その時はつきつめると結論めいた事しか言えません。

しかし、その結論めいた内容に「と言いますと?」となった時には、「そう思うのは3つの理由があります。1つ目は・・・」と続ければOKですし、「だからXXと思います」と結論で締めればキレイに終われます。

型があるから、臨機応変で対応できるということです。

そんなわけで

相手に伝えることが苦手な人は、1つの型と3つの理由を意識して伝えるようにしましょうってことを書かせていただきました。

何事も慣れですから、良い事をしった!で終わらせずに、意識して実践してみて貰えたらなと思います。

また、この記事では割愛している部分が多々ありますので、「大事なことを一瞬で説明できる本」をお読みになってみることもおすすめします

 

自分に関係があることしか聞かない。だから、どう自分に関係しているのかを話そう。

これを考え続けることこそが、ビジネスでもプライベートでもコミュニケーションのスタートになると思うのです。でも、結構これが難しいんですよね。

ついつい言いたい事を言ってしまっている自分がいるものです。

話を聞いてほしいなら、相手が聴きたい話をする。
相手に関係がある話をする。

だから、相手を知り、相手に与える意識を持って接する…という、いわゆる自己啓発本でよく目にする成功鉄則に繋がってくるのですが、それぐらいに大切であり、それぐらいに簡単にはできないということだとも思います。

 

ポチらせる文章術」でも書かれていたのですが、文章はやはりベネフィットが中心なんだな…と。

 

tak-mon.com

 

 

そういう学びを与えてくれたという意味でも良い本に出会えたことと、その本を残してくれた著者の木暮太一さんには感謝です。

伝わりやすい文章を書いてみたい!と思われているのなら、是非一読を。